06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

破風・雨どい

2010/03/10
屋根の色はすんなり決まりましたが、意外に決まらなかったのが
破風の色でした。
→ソレって何?という方、こちらをどうぞ。

屋根ってのは家を下から見上げると殆ど見えません。
「茶色屋根・白壁の家」のイメージにする為、破風の色を
屋根と揃えよう!という事は決まっていたのですが・・・
屋根の瓦が、ランダム・ブラウンという色ムラがあるタイプだったおかげで

「どーすりゃ屋根の色と揃ってるように見えるんだ?」

迷いました。
ペンキ屋さんに頂いたのは、100色以上ありそうな
色のサンプル集。「茶色」に当てはまりそうなのは、20色くらい。
その中から2色選んで、色を作って頂き、板に塗ったものを
まだ未塗装の破風に充てて頂きました。

ひとつめ。瓦の明るい部分に色を合わせてみた。
DSC03680.jpg
明るすぎ。

ふたつめ。瓦の暗い部分に色を合わせてみた。
DSC03683.jpg
暗すぎ。

後日、みっつめ。
DSC03692.jpg
(あと2色試しましたが、写真がなかったのでここまで)

う~~~ん、ビミョー・・・・

でもきっと、屋根の色にムラがある以上ぴったり合う色はないだろう!
ということで、最後の色を選びました。一番しっくりきてたし。

そしてもうひとつ、外観について家を建てる時に決めていた事があります。
「雨どいと建物の色を揃える」
たまに見かけるんです、雨どいだけ建物から浮いて見えるおうち。
せっかく可愛らしかったり、落ち着きあったりする外観なのに
雨どいが安っぽく見えると、なんだか台無しになってる気がします。

我が家では、「破風に沿ってつける雨どいは茶色、その他は白」
としました。

その結果の外観は、こんな感じです(他でも使ってる画像です)外観

屋根は、破風に色がないよりも厚みが出て見る・・・気がします。
(欲を言えば、もう少し幅があった方がより厚みが増して良かったかな?)
破風と雨どいの色は、遠目では見分けがつかないので
これでよかったかなと思います。

外壁については、次回。

にほんブログ村 住まいブログへ  にほんブログ村 住まいブログ ガレージハウスへ
応援よろしくお願いします
21:24  外観 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。