03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

憧れの ☆塗り壁☆

2010/03/13
外壁へのこだわり、それは”白い塗り壁”に尽きます。

私の理想
ppt16.jpg

私の愛読する&Homeに良くでてくる塗り壁の家。
コテムラの付け方も色々ありましたが、私は凸凹の少ない
「ベタ塗り」みたいなのが好きでした。
そして調べていくうち、スイス漆喰を使った
「カルクウォール」という製品を知りました。
なんでも、汚れがつきにくく、何十年建っても白さを失わない。
アルカリ性なのでカビもつきにくい・・・・
素晴らしい

すっかり心は「カルクウォール」に決定。
しかし、☆☆住宅に相談した結果・・・
「できません」

塗り壁の施工と、パネルを貼り合わせていく「サイディング」の施工は
全く違い、外壁は施工を正しくやらないと雨漏りの原因となるそうです。
そして今は雨漏りに関して、施工後10年間は施工会社が責任を持つ
「瑕疵保障」という制度があるため、ますます塗り壁の施工はできない
という事情でした。

ここでの選択肢は3つ。
①サイディングに変更
②専用サイディングの上に「ジョリパット」を使って塗る
③外壁だけ別の施工会社に依頼し、「カルクウォール」で塗ってもらう

①却下。
だってサイディングは、「継ぎ目」が嫌なんです・・・
近くの新興住宅地へ行って、外壁ハンティング
してみましたが、やっぱり塗り壁とサイディングは違う。
一見「塗り壁か?」と思うおうちも、近くにいくと
継ぎ目が見えて、なんだかがっかり。

②微妙。
カタログの写真では、いかにも「塗り壁」って感じでしたが
実物を見てみると、結構凸凹が目立つ。汚れがたまりやすそう。

(補足)この「ジョリパット」という製品自体は中に入れる骨材を変える事で
表面の粗さを変える事が可能です。でも、サイディングとセットで塗る場合は
ひび割れを防ぐため(目立たなくさせるため?)結構大きな骨材を入れる必要が
あるとの事です。

③本命。
これは、自分達で探すしかないので、いくつかの会社に掛け合ってみました。
インターネットで、カルクウォールを施工している地元の会社を探します。

・・・ほとんどない。

1社目は、自然素材を多く使って家作りしてらっしゃる工務店でした。
しかし、雨漏りとか起きた場合の責任の区分けがしづらくなるという事で
断られてしまいました。

2社目は、地元でやっていたリフォーム展示会で、カルクウォールの
広告を出していたインテリア屋さん。
外壁も施工された事があるそうですが、リフォームのみ。
新築の場合は、やはり「瑕疵保障」の責任がついてくるので難しいとの事。
一応検討してみます、との事でしたが、脈はなさそう。

③は、残念ながら諦めるしかなさそうでした。
そして、塗り壁でも汚れのつきやすそうな②は
コストがサイディングの約1.5倍かかるのに
大して嬉しさがない為、却下しました。

結論、我が家は塗り壁は諦め、サイディングになりました。
できるだけ凸凹の少なく、かつ白いもの、ということで
KMEWとニチハのショールームに足を運びましたが
ニチハの「ソフィアウォール スノーMGホワイトP」に落ち着きました。

いざさ~らば~、さ~ら~ば~塗り壁~♪

にほんブログ村 住まいブログへ  にほんブログ村 住まいブログ ガレージハウスへ
応援よろしくお願いします
12:44  外観 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。