10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

"ナチュラル"な・・・・ごみ箱。

2010/06/06
わん家のゴミ分別は、大きく分けて3種類です。

・燃えるゴミ
・金属ゴミ
・紙/缶/ペットボトル
・プラスチック包装(中がきれいなもの)

燃えるゴミ・金属ゴミ以外は
土日にまとめて市のリサイクル場へ持って行きます。

プラスチック包装(以下プラゴミ)は、発砲スチロールのトレーや
汚れていないラップ、ビニール袋などですが
1週間もしない内にスーパーのレジ袋がいっぱいになります。
このプラゴミを1週間分入れられるごみ箱を探していたのですが
キッチンのシンク下スペース奥行きは30センチと思った程なく、
しかも高さも60センチの為、難航しました。

殆どのペダル式ごみ箱は開くときに天井に干渉して使えず。
元々使っていたニトリのペダル式のは、ギリギリ入るサイズでしたが
あまり大きくないのでプラ用には使いたくない・・・。
>>続きを読む・・・
22:59  雑貨 | コメント(0) | トラックバック(0)

妥協のサイディング(涙)

2010/03/15
外観のお話、続きがあるんです。
ニチハの ソフィアウォール スノーMGホワイトP
「白い壁・茶色い屋根」
実現するつもりでした。

しかし・・・

外壁発注の前、☆☆住宅から案内が。
「この一番白いスノーMGホワイトって色、パネルの継ぎ目が目立つ
ってクレームがよくつくらしいです」

ええ~~~
サイディングにするなら、せめて、できるだけ、
継ぎ目が目立たないタイプを選んだのに・・・

継ぎ目は嫌だ・・・

その情報にひるんだ私、スノーホワイトの次に白い「ムーンMGベージュ」に
変更してしまいました。
微妙な白の違いなんて、並べなきゃわかんないだろ~。
遠目には白く見えるはず。

その結果(いつもと同じ画像です)。
外観

窓枠や雨どいといった、「普通に白い」外観パーツと外壁が「並んでいる」結果
外壁が「白じゃない」事がわかってしまいます・・・(涙)。
う~、脅しアドバイスに従うんじゃなかった・・・。
スノーホワイトにすればよかった・・・。

しかし、もう「時既に遅し」というやつです。

どんなに過去の自分に文句言っても、これから数十年
この壁と付き合っていくしかないのです。

良いように考えた結果、この外壁を「無機質な白じゃなくて温かみのある色」
と呼ぶ事にしました。
これを日々自分に言い聞かせ、そのうち納得してもらいます・・・。

嗚呼、憧れの白い塗り壁・・・

にほんブログ村 住まいブログへ  にほんブログ村 住まいブログ ガレージハウスへ
応援よろしくお願いします
20:43  外観 | コメント(2) | トラックバック(0)

憧れの ☆塗り壁☆

2010/03/13
外壁へのこだわり、それは”白い塗り壁”に尽きます。

私の理想
ppt16.jpg

私の愛読する&Homeに良くでてくる塗り壁の家。
コテムラの付け方も色々ありましたが、私は凸凹の少ない
「ベタ塗り」みたいなのが好きでした。
そして調べていくうち、スイス漆喰を使った
「カルクウォール」という製品を知りました。
なんでも、汚れがつきにくく、何十年建っても白さを失わない。
アルカリ性なのでカビもつきにくい・・・・
素晴らしい

すっかり心は「カルクウォール」に決定。
しかし、☆☆住宅に相談した結果・・・
「できません」

塗り壁の施工と、パネルを貼り合わせていく「サイディング」の施工は
全く違い、外壁は施工を正しくやらないと雨漏りの原因となるそうです。
そして今は雨漏りに関して、施工後10年間は施工会社が責任を持つ
「瑕疵保障」という制度があるため、ますます塗り壁の施工はできない
という事情でした。

ここでの選択肢は3つ。
①サイディングに変更
②専用サイディングの上に「ジョリパット」を使って塗る
③外壁だけ別の施工会社に依頼し、「カルクウォール」で塗ってもらう

①却下。
だってサイディングは、「継ぎ目」が嫌なんです・・・
近くの新興住宅地へ行って、外壁ハンティング
してみましたが、やっぱり塗り壁とサイディングは違う。
一見「塗り壁か?」と思うおうちも、近くにいくと
継ぎ目が見えて、なんだかがっかり。

②微妙。
カタログの写真では、いかにも「塗り壁」って感じでしたが
実物を見てみると、結構凸凹が目立つ。汚れがたまりやすそう。

(補足)この「ジョリパット」という製品自体は中に入れる骨材を変える事で
表面の粗さを変える事が可能です。でも、サイディングとセットで塗る場合は
ひび割れを防ぐため(目立たなくさせるため?)結構大きな骨材を入れる必要が
あるとの事です。

③本命。
これは、自分達で探すしかないので、いくつかの会社に掛け合ってみました。
インターネットで、カルクウォールを施工している地元の会社を探します。

・・・ほとんどない。

1社目は、自然素材を多く使って家作りしてらっしゃる工務店でした。
しかし、雨漏りとか起きた場合の責任の区分けがしづらくなるという事で
断られてしまいました。

2社目は、地元でやっていたリフォーム展示会で、カルクウォールの
広告を出していたインテリア屋さん。
外壁も施工された事があるそうですが、リフォームのみ。
新築の場合は、やはり「瑕疵保障」の責任がついてくるので難しいとの事。
一応検討してみます、との事でしたが、脈はなさそう。

③は、残念ながら諦めるしかなさそうでした。
そして、塗り壁でも汚れのつきやすそうな②は
コストがサイディングの約1.5倍かかるのに
大して嬉しさがない為、却下しました。

結論、我が家は塗り壁は諦め、サイディングになりました。
できるだけ凸凹の少なく、かつ白いもの、ということで
KMEWとニチハのショールームに足を運びましたが
ニチハの「ソフィアウォール スノーMGホワイトP」に落ち着きました。

いざさ~らば~、さ~ら~ば~塗り壁~♪

にほんブログ村 住まいブログへ  にほんブログ村 住まいブログ ガレージハウスへ
応援よろしくお願いします
12:44  外観 | コメント(0) | トラックバック(0)

破風・雨どい

2010/03/10
屋根の色はすんなり決まりましたが、意外に決まらなかったのが
破風の色でした。
→ソレって何?という方、こちらをどうぞ。

屋根ってのは家を下から見上げると殆ど見えません。
「茶色屋根・白壁の家」のイメージにする為、破風の色を
屋根と揃えよう!という事は決まっていたのですが・・・
屋根の瓦が、ランダム・ブラウンという色ムラがあるタイプだったおかげで

「どーすりゃ屋根の色と揃ってるように見えるんだ?」

迷いました。
ペンキ屋さんに頂いたのは、100色以上ありそうな
色のサンプル集。「茶色」に当てはまりそうなのは、20色くらい。
その中から2色選んで、色を作って頂き、板に塗ったものを
まだ未塗装の破風に充てて頂きました。

ひとつめ。瓦の明るい部分に色を合わせてみた。
DSC03680.jpg
明るすぎ。

ふたつめ。瓦の暗い部分に色を合わせてみた。
DSC03683.jpg
暗すぎ。

後日、みっつめ。
DSC03692.jpg
(あと2色試しましたが、写真がなかったのでここまで)

う~~~ん、ビミョー・・・・

でもきっと、屋根の色にムラがある以上ぴったり合う色はないだろう!
ということで、最後の色を選びました。一番しっくりきてたし。

そしてもうひとつ、外観について家を建てる時に決めていた事があります。
「雨どいと建物の色を揃える」
たまに見かけるんです、雨どいだけ建物から浮いて見えるおうち。
せっかく可愛らしかったり、落ち着きあったりする外観なのに
雨どいが安っぽく見えると、なんだか台無しになってる気がします。

我が家では、「破風に沿ってつける雨どいは茶色、その他は白」
としました。

その結果の外観は、こんな感じです(他でも使ってる画像です)外観

屋根は、破風に色がないよりも厚みが出て見る・・・気がします。
(欲を言えば、もう少し幅があった方がより厚みが増して良かったかな?)
破風と雨どいの色は、遠目では見分けがつかないので
これでよかったかなと思います。

外壁については、次回。

にほんブログ村 住まいブログへ  にほんブログ村 住まいブログ ガレージハウスへ
応援よろしくお願いします
21:24  外観 | コメント(0) | トラックバック(0)

我が家のハイブリッド屋根

2010/03/09
間取りの次は、外観に進みます。
私の理想とする外観はこちら↓ppt16.jpg
まず屋根の形状は切妻を希望。
切妻って何?という方はこちらへどうぞ。

しかし美しい切妻には、長方形または
長方形の組み合わせ(T字型とか)が必要。
我が家の形は・・・T字の凹み部を三角形で埋めたようなヘンテコな形。
なんとか切妻の外観にしたい!という希望は、またまた設計士さんが
叶えてくれました。

我が家の表側外観(玄関側)です。
外観
切妻です。瓦は、丸栄陶業さんのカパラスKS40 ランダムブラウン
元は別のメーカーさんのものだったのでしたが、何年後かに
太陽光発電をしたいという希望を☆☆住宅に伝えた所
社長さんからこちらをお勧めされました。
なんでも、太陽光パネルを瓦屋根に設置する場合
高低差が何センチ以上か必要なようです。

さて、我が家の裏側の屋根は・・・・

こんな↓です。
yane.jpg
三角形の部分に、ガルバリウム鋼板を被せています。
黒く飛び出ているのは天窓です。

我が家の裏側は、この屋根とほぼ同じ高さに国道が走っている為
国道を走る人からは、この屋根が思いっきり見えます。
最初見たときは、つぎはぎっぽいし、やっぱり瓦とガルバリウムで
色も質感も違うし、なんとなく変な感じでした。

しかし、自分が普段見るのは表側だ!と言う事で割り切りました。
住んでみれば、これも我が家オリジナルと言う事で、愛着も沸くもんです
タイトルは、屋根に2つの材料を使っているという事で名づけてみました。

にほんブログ村 住まいブログへ  にほんブログ村 住まいブログ ガレージハウスへ
応援よろしくお願いします
23:34  外観 | コメント(0) | トラックバック(0)
« Prev | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。